フコイダン・イメージ

17

研究者が注目のフコイダン

フコイダンとは硫酸化多糖の一種とされており、水溶性食物繊維に分類されます。フコイダンはコンブ・ワカメ・モズク・メカブといった海藻の滑り成分としても知られています。1913年にスウェーデンの科学者によって発見されました。
フコイダンには、様々な健康に良い効果があると言われています。抗アレルギー作用や抗炎症作用、抗ウィルス作用などがあります。またコレステロールを下げる働きがあることも明らかになりました。それからフコイダンは、ガンを抑制する働きがあるとしても注目されています。
フコイダンには、高分子フコイダンと低分子フコイダンの2種類があります。本来のフコイダンは分子量が数万以上ありますが、それを500以下にしたのが低分子フコイダンです。がんを抑制するには低分子化された低分子フコイダンの方が、より効果的と言われています。これまではフコイダンを硫酸基をつけたまま低分子化するのは、非常に難しい技術といわれてきました。高分子多糖類であるフコイダンを500以下の分子量にしてしまうと、糖としては2つから3つが結合したものになるので多糖類とは呼べなくなってしまうからです。それが長年の研究によって、低分子フコイダンにする技術も進んできています。
フコイダンは様々な研究機関によって研究が進められており、様々な生理機能が解明されてきました。メジャーな構造については細かい部分まで大体解明されましたが、マイナーな部分の構造についてはまだ解明されていない部分も多く残されています。大学などの教育機関や一般企業などの研究機関でも研究が続けられており、フコイダンは日本だけではなく、海外の研究者の間でも注目されている成分です。